Record2011 of New Site 0

國學院大學久我山高等学校 山岳部 ワンダーフォーゲル部OB会

092++.JPG

DSCF0024.JPG

久我山山友会 秋の親睦会

2011年10月30日(日)8:30に奥多摩駅に集合した現役部員4名と共に、奥多摩湖までの旧街道およそ10kmの散策を楽しみました。途中、現役部員はランニングに切り替わり(年寄りの遅さに業を煮やしたか?(笑))、会員も史跡散策組と直進組に別れ、青目地蔵の坂で合流。ゴールの奥多摩湖畔では、炊き出し班を買って出てくださった先輩達が特性豚汁とお握りを用意してお待ちかね。身も心も温まる腹ごしらえができました。参加した16名、思い思いの秋探しをした7年ぶりの「奥多摩むかし道」でした。

SANY0057 - コピー.JPG

久我山祭展示観覧

2011年10月2日(日)13:00、久我山祭2日目に会長以下3名のOBが本館5Fのワンダーフォーゲル部展示を観覧しました。パンフレットに書かれた勧誘文「高1しかいませんが、がんばります。」は彼らの偽らざる本音であり、また頼もしい決意です。要領よくまとめられた夏山合宿の行程記録をメインに、テントやザック10kg/20kgの展示があり、大変多くの山岳写真が飾られていました。夏山合宿までの山行や歩荷訓練などがビデオ映像にまとめられ(顧問製作)、休憩所としてあつらえた机と椅子でゆっくり視聴できました。

DSCF0246 - コピー.JPG

K.W.V.C.夏山合宿見送り

2011年8月7日(日)22:00、夜の新宿に会長以下8人の会員が集いました。KWVCの出発を見送るためです。今回は、新生KWVCとして始めての夏山合宿。全員が1年生部員です。ここまで彼らを鍛え上げた、顧問教諭のご苦労が偲ばれます。早速、会長・副会長から会の差し入れとして嗜好品や菓子類が渡されました。そして60期OB達からは“伝統のスイカ”が、更に道中の無事を託した「御守り」が一人ずつ手渡されました。合宿の成功と道中の安全、そして充実した笑顔で無事の帰省を祈り、激励してOB達は夜更けの新宿から帰途につきました。

RIMG0528.JPG

2011.7.14 K.W.V.C.へユニフォーム贈呈

7/17-18に行われる現役生たちの丹沢大倉尾根での歩荷訓練を控え、新生ワンダーフォーゲル部員諸君への新ユニフォームを、小俣会長より笠井顧問へ贈呈いたしました。
つらい歩荷をやり遂げ、ゴールの塔ノ岳山頂にて一人ずつ手渡しされるそうです。“伝統の”濃紺ジャージを受け継ぐ部員諸君よ!がんばれ!!詳しくはこちら

DSCF0054.JPG

2011.6.26 久我山山友会 初夏の親睦会

お馴染みの御岳山の山香荘にて実施しました。先代主の故鈴木護会員(14期)の墓前を訪れご挨拶をしたのち、待望の新生ワンダーフォーゲル部員8名と膝を交えての親睦会。まだ、幼さの残る彼らの初々しい挨拶に目を細めながら、会員各々の篤い想いを伝える機会が作れました。詳しくはこちら

DSCN8175.JPG

2011.4.16 第23回 久我山山友会 総会 および懇親会

今回も武蔵野市公会堂の会議室(和室)にて実施。会則改訂を含む、さまざまな議題に忌憚のないご意見をいただきました。懇親会は“聖地”いせや公園店にて行い、学校長にもご参席いただきました。震災発生時の被災の話、海外遠征トレッキングの話、新入部員獲得への明るい兆しの話、62期を一人で守ってきた部員の部歌継承の話などなど、皆の心に残る一夜となりました。詳しくはこちら